Mercury's retrograde seems to have ended

都内在住会社員の日々の備忘帳です。

今日返却したものたち

最近めっきり本を買わなくなりました。
amazonでポチポチし捲くって散財しまくっていたあの日々。
荷物が増えるのが嫌だということも手伝って本当に無駄な買い物をしなくなった。ちなみに洋服も今シーズン1枚も買ってません。洋服はキリがないし、元々流行を追うタイプでもなく、良いものをバンと納得のいく金額で買って長く保たせて着るタイプ(安いのも長く着たりするけど(汗))だから、買わなくても案外大丈夫なんだと再確認。1靴も同じく。良いものを長く履く方。靴は特に。これからは下着にお金を使える思考に持っていきたいと思っているんですけれども…

さてさて、再来週に迫った旅行のため、急いで借りているものたちを読んで
返却してきました。今週末は実家にちょこっと帰るつもりだし。
時間がなくてすべてをきっちり読破できなかったのが残念なところだけれど…
また借りよう…
以下、記録。

チェーザレ・ボルジアあるいは優雅なる冷酷 (新潮文庫)/新潮社

�578
Amazon.co.jp

いやー、内容がへヴィーだった。古代ローマからいきなりここへ飛んできた
のでスペイン系枢機卿家系から突如としてイタリア統一、自分国家建設に
野望を抱く若者が現れたのかに大いに疑問を持ちつつ、特に都市国家で成り立って
いた当時のイタリアと近隣の諸外国との因果関係とか、戦い部分とかはかなり付いて
いけず…そこがへヴィーだったのですけれど、徐々にこの冷酷な男性に肩入れする
ようになる自分(笑)チェーザレの最期はかなり哀れでしたので、読み終わった後は
放心状態にちとなりました。
これ読んだら芋ずる式に興味が広がるよ。
マキァヴェリも読まないとなーなんて思いました。
ダ・ヴィンチ
2と関わりが深かったのですね。チェーザレが死んでからから
だってフランスへ行ったの。
今は、またローマに戻って地理系の歴史部分、

ローマ人の物語〈27〉すべての道はローマに通ず〈上〉 (新潮文庫)/塩野 七生

�546
Amazon.co.jp

これ読んでます。
なんでこう必死に歴史書と読んでいるかというと、イタリアは遺跡とか古いもの
ばっかなんで、知らないとつまらないんです。3
イタリア語の復習は行きの飛行機の中でやります(汗)

私のなかの愛/安井 かずみ

�1,325
Amazon.co.jp

これ70年代の終わりに書かれているのですけれど、まったく古くないマインド
で、逆に今、だからこそ大事ともいうべきいろいろなことが書かれていて
私にはツボでした。ドキーンとすることも書かれてた。再版して欲しい本です。
手元に置いておきたいな。

本の話 絵の話 (文春文庫)/山本 容子

�800
Amazon.co.jp

泣く泣く返却。まだ全部読めてない。また借りる!
創作の思考の構築のヒントが一杯。同じくはもちろんできないけれど。
興味、取っ掛かり、落とし込みなどのヒントというのかな。そう思えるのは
人により違うとは思うけれど。こんな種明かしをしちゃっていいのかな?!
という本。


世界の空港―Airports/ピーピーエス通信社

�1,890
Amazon.co.jp

イラスト作品を描く資料として借りた。前に学校に行ってたときの課題で
「空想の旅日記」というので弾丸アメリカツアーを描いて、その時に
シカゴ空港を描いたんだけど、飛行機描くの好きだなーと思ってて
「じゃあシリーズで描いてみるか」と思ったの。
面白そうな描きたくなったところをpick upしてカラーコピーして返却。
シリーズで10枚描きたいところ。これが結構時間かかるんだよねー(涙)




1:というか今までかなり散財してきたので独立してようやくお金の重要性に気付いたということが大きい。
2:建設責任担当大臣とかしてたって
3:前にフィレンツェとかヴェネッツィアを巡った時に痛感したので…