Mercury's retrograde seems to have ended

都内在住会社員の日々の備忘帳です。

イタリア飯

ローマからシエナに週末小旅行に繰り出した時の夕食。

ホテルのフロントの人お薦めのレストランへ。

私が食べたのはイタリア人に薦められるままに、

シエナ特産のキャンティで煮込んだ猪の肉。

すんごい美味しかったけど。お肉はホロホロで。

でも食べた後はなんかこう血の毛が増すような

かんじになりました。なんとなく(笑)

友達のシモーネが選んだセコンドピアット(2皿目)は

彼が待ちに待ち望んだ

フィオレンティーナ”(写真下)

トスカーナ地方でしか食べれない1KGのステーキ

でございます。

お店の人が散々「1KGもあるんですよ。大丈夫ですか?」

としきりに言うので、心配になったフィアンセのヴィルジニア

が自分の食べたかったメインをあきらめて、シェアする

ことにしました。私なら放っておくけど(笑)やさしいイタリア女子。

(見習わないと!)

でも食後、「骨とか脂肪とか込みで1KGなんだからやっぱり

独りで食えるんだよな全部!!」と捲くし立てていたシモーネ。

イタリア人は肉好きです。

イタリア飯の画像

イタリア飯の画像