Mercury's retrograde seems to have ended

都内在住会社員の日々の備忘帳です。

冷え取りはじめました!

マーマーマガジン 別冊 body&soul/服部みれい

�525
Amazon.co.jp

創刊初日に無事GET!し、その翌日より靴下の重ね履きをいよいよスタートしました!
パフパフ~!半身浴はすでに始めておりましたが、素足サンダル大好きっことしましては
真夏に靴下重ね履きは躊躇するものがありまして(ファッションの問題も然り・・・)
ようやく秋めいてまいりましたので!!!(早くやれよーというかんじでしたが(汗))
しかしながら、初購入した冷え取りソックスが思いのほか分厚く、靴問題が発生。
今のサイズでは到底ムリですし、でも25cmの靴なんて置いておきたくないですし!
ということで、まずは日中2枚履き(①シルク5本指②綿)、夜に基本の4枚履き
��①シルク5本指②綿5本指③シルク④綿)。スパッツは日中ヒートテックの膝上、
夜は綿スパッツにウール腹巻を装着。そのうち自宅在の時は湯たんぽ投入もします。
またシルクのスパッツなどもそろえて行きたいと思います。(シルクの毛布もほしい)
冬に備えて、ためしに2サイズ上の24.5cmのショートブーツなどをリサイクル
で購入し、また4枚でも薄い仕様であるmari ja kuu さんの基本4枚セットを昨日
ポチり。またmm socksさんのも予約済みなのでいろいろ履き比べてみたいと思います。
今は大抵出勤はロングブーツ(トラサルディの表側のライトなかんじのです)の出番
が多いです。まだトライしてないですが、一昨年買ったカンペールのブーディとか
昨年買ったGEOXとかはきついかなー(泣)まー、mari ja kuuさんとかmm socksさん
のであれば余裕で大丈夫とは思ってます。
でもおそらく冬場は枚数増やしたり、一番上をウールの厚いのとかにしたく
なりそうなので、どうなりますか。

冷え取りというと気になるのは「めんげん」(好転反応)ですが、body and soulの
読者ページなどを読むと、ちょっとドキドキしゃうのですが、まー悪いもんは身体から
じゃんじゃん出ちゃったほうがいいですけれど・・・中には靴下破れはあるけれど
特に湿疹系は出なかったというかたもいらっしゃるし・・・わたしの場合は
どうなのかなと思っています。(他と比較することなかれとは言われておりますが)

いままで鍼で断食、痩身などいろいろやってきて一応ドラスティックな
デトックス作業はしてきているので「めんげん」それほどでないかなー?!
わからないですけれど。ただ、半身浴始めて、そしてこの数日靴下重ね履きを
してきて、いままで出だことのない赤いポツポツが胸の上のところに数個
出現しております。これは?!もしや?!的に思ってますが・・・

昨晩、しげしげとbody and soul読んでいて、ちょっと思いましたが、
半身浴したり靴下重ね履きなどなど外的にいろいろと施しても
やっぱり自分の口から入れるものも非常に大事なんではないかと・・・感じました。
まずはそこなのかなと。ストイックにやることが必ずしもよいことでは
ないですが、やっぱり、口に入れるものに対して注意を払うというか
少しくらい意識むけてもいいのかなと思います。
たとえば、炭水化物ばかりでビタミンがないからほうれん草で何か作ろうとか
甘いのばかり食べちゃったから今日はやめようかなとか…そういうことだけ
だってぜんぜん違ってくると思う。

とにかく現代人は食べ過ぎと思います。入れすぎ。量というかハイカロリー
というか。食べ合わせといいますか。それらがいろいろな病気未満の不調を
生み出していると思う。病気未満は東洋医学では未病というけれど
一番たちが悪いよなと思います。病気じゃないから休めないし、でも身体は
だるい。疲れてるのに寝れないなどなど。原因不明。でもそれが身体のシグナル
なんだよね。きっと。なんでもそうだけど、自分でいかに気付いて行動できるか。
それしかない。とにかく知ることだと思う。


食べないということに対して大抵の人は拒絶反応というか、えーなんで?!
という反応なんですが、豊満な食の時代に生きてきてるのでそれが普通だろうけれど。
「1度でも断食してみー」と思います(笑)
私は目下、身体大改造中ということもありますが、なるべく入れないように
入れないようにして、たまーに人と会った時にはちょっと贅沢してみたり
普段食べないようなものを食べたりなどバランスを取るようにしています。
食べ合わせが大事なのかなーと思う。


身体と心とメンタルは全部繋がっているので、身体が調子悪ければメンタルも
なんとなくどよーんとしてくるし。身体がだるいと行動も伴わず、だらーん
としちゃうし。いいことなんてなにもない。

食の意識を変えると、ご馳走とそうでないものの区別も取っ払われるような
気がする。
かぼちゃを蒸しただけもご馳走だし、ホテルの豪華ディナーもご馳走。
どっちもそう変わりなくなるというか・・・うまく説明できないけど。

まーひとまず、この冬は冷え*1と向き合い、己のすべてをほっこりと
させていこうと思います。


��1 冷えとは「冷え症」のことを指すのではなく、下半身が冷たく
   上半身が熱い状態=冷えです。
   足元があたたかくてもそれ以上に上半身が熱ければ、冷えの状態です。
   からだの奥に冷えがたまり、表面が熱くなっているのも冷えの状態です。
   暑がりの人、特に顔が赤くなって「のぼせ」の状態になっている人は
   「冷えのぼせ」で、からだの芯が、相当冷えていると考えられます。
   冷える(陰性の)食品を多く摂りすぎても冷えますし、食べ過ぎも
   冷えを呼びます
   食べ過ぎると血の気のめぐりが悪くなり、からだが冷えるのです。
   ーーーーーさらに、こころの乱れも冷えを呼びます。

   (Body & Soulより抜粋)