Mercury's retrograde seems to have ended

都内在住会社員の日々の備忘帳です。

いろんな抜粋メモまとめ

前にいろいろメモっておいたものがでてきたので忘れないように。メモ。メモ。


*「起きたこと、やったことなど過去への否定や後悔などは一切必要ない」
数ヶ月前どうしてもっと優しくしてあげられなかったんだろう、どうしてあんなこと言っちゃったんだろうというようなこともそのときはそれが必要だったからそうなっただけですべては予定通りということ。「すべて予定通り」


*「人生は自分のワクワクすることを思い存分やっていい」

*「ボルテックス状態」ー最高に高い波動の状態。
            その渦の状態でグルグル回っていること。

  この状態になっているとすべての物事が明るくひらいていくような気持ちになり
  足りないものはなにもないというような完璧な気持ちになり、すべてのものに
  感謝でいっぱいの気持ちになり、最高に幸せな至福の状態になる。
  
  完璧なボルテックス状態になるためには
  「頻度」「強度」「継続度」が必要

  「今のまんまでいい」ー現状肯定⇄ボルテックス
  
  「夢の実現」←ボルテックス状態
   ①こうなりたい状態を心から楽しくイメージする
   ②日常生活で次々と起こる出来事を淡々と味わってこなしていく
   ③そこに近づいて行く

   ☆宇宙がその夢に向かうようにいろいろなイベントを用意してくれる
   ☆途中の経過を心配せず次に目の前に起こることだけに集中すること

 「この世で自分がすることというのはすべて前世で縁があったこと前世で
  し残したこと。縁があったことを自然とするようになる。」


      •人間というものは、ひとりひとりがそれぞれじぶんの時間を持っている。
  そしてこの時間は、ほんとうにじぶんのものであるあいだだけ
  生きた時間でいられるのだよ ーミヒャエル•ユンデ「モモ」

   •青い鳥はあなたの中に住んでいます。
  必要なものはすべてあなたの中にあります。あなたの中に埋まっていて
  発見されるのを待っています。
  そして、心の中を注意深くのぞきこみ、そこで発見したものを時間軸に
  置き直せば、夢はどんどん近づいてきます。

  •「灯台の時間」を取り、自分自身と語ることによって
  私の中で確実に何かが変わります。
  この人生を生きている間、少しでも良くなりたいのです。そして時間の
  中を、少しでも遠くまで飛翔したいのです。
  自分自身のために時間を捧げて目標、夢をかなえる。
  自分の満たし方を知っている人だけが、他人を満たすことができる
  みたいです。

 •「今、ここ」をしっかり生きる。
  グレー時間(心から望むことと一体になっていない時間)
  ネガティブな気分は夢に近づいている証拠。(変化をしたい、変化が
  どんどん近づいてきている)強烈なサイン。

 •「完璧な配偶者」を見つけるためにはまず自分が完璧な配偶者に
  ならなければならない。望む配偶者と一致する波動の信号をいつも
  出していなければならない。

 • 常にやりたいことを思い描いているとそうなる。本当にすべてのことは
  何か見えない力によって自分のために備えられているので焦る必要は
  ないし、想像していた方向に流れていくのも自分の力だと思う。
   「運も実力のうち」
 
 • 誰にでもいやなことやうれしいことは平等にやってくる。
  一見いやなことが何もなさそうな人でも、実は落ち込むときもあるし
  人に言えないような惨めな気分も味わっている。
  自分にやってきた事柄をどう捉えるかが人によって違うだけ。
  明るく生きた方が得だな、と思う。

 • 日常生活の小さなことに文句を言うのは自分の生活をつまらなくしている。

 • どうしたらいいかわからないときや判断に迷っているときなど普段の
  生活の中にその答えはたくさん隠されている。
  それはパッと開いた本の1ページに書いてあるかもしれないし、
  人の言葉として伝わってくることもある。その情報をそのときの
  自分のアドヴァイスと気付けるかどうかが重要で、精神的なレベル
  が高くて満たされている人ほどそれを敏感にキャッチできる。

 • 何かを決めるときにAかBかで迷うとその決めた直後は間違えた
  選択をしたように思って後悔することもあるけれど、しばらく
  経てばどちらでも大して変わりないということに気付く
  だからいつも本音と直感で「いいっ!」と思ったほうを選ぶべき。
  本音と直感を信じる。


 • 現実の社会では人々は自分の幸せを得ることだけを考え、できるだけ
  犠牲を少なくしようと考えます。
  その中で、相手のことを真っ先に思い、相手と喜びを共有しようと
  願う生き方は素晴らしいことではないでしょうか。
  たとえ安全地帯から転げ落ちても、恋愛はたくさんしたほうがいいのです。
  多くの激しい恋愛をしたいと心で願えば、必ず恋のチャンスは向こうから 
  やってくるものだと私は秘かに信じています。

 • 大切なことは「今日は何をしたか」ではなく
  「今日はどうであったか」であるといわれています。
  問題なのは愛する仕事につくかつかないかではなくて、
  どんな仕事をしていても、今日一日の自分の時間を愛する気持ちが
  どれだけ味わえるか
  「あ、生きていてよかったな」とか
  「あ、人間というのは面白いな」という瞬間を少しでも
  増やしていければいい。

 • 「ヤシの実をみがく」
  熱意や決意を文字にして示すとちょっとしたことが起きます。
  噂が噂を呼びどんどん広がっていくのです。書いた時点から直接的にしろ
  間接的にしろ自分たちの行動が目標達成に役立つのだということを
  肝に銘じています。
  夢を書く→信号を発する→いつどこでどの島でキャッチされるかわからない

 • 「何かが欲しいと願うことと、それを受け取る用意ができていること
  とは別物だ」

  夢を受け取る用意をする
     ↓
  出会う前から手紙を書き始める
  手紙を書く利点→きっと出会えると確信を持てるようになる
          出会えるのが確かならあとは時間の問題

  「人は誰でも、手に入れられると信じるようになって初めて、受け取る
  準備ができたことになる。そのときの心の状態は単なる願いや望み
  ではなく”信念”になってる」
  
  「望むものがわかれば、手に入れることができる」


 • 「行動のラサヤナ」
  ①常に正直であり、真実を語る
  ②規則的に寄付する
  ③計画すること、合理的に考えること、部分を組み合わせて
   全体をつくることをする
  ④尊敬すべきひとを尊敬する
  ⑤単純である

 • 「ウニヒピリ(潜在意識)とあなたの関係はまさに
  ”あなたと他者との関係”を”オブラートなしで見た状態”です。
  あなたがウニヒピリに対して無関心であればあるだけ
  相手もあなたに無関心です。そしてほんとうはあなたが
  一番相手に無関心なのです。
  そのような関係性の中に愛や癒しを求めても無駄です。
  これは恋人、同僚、親子などすべての関係に共通する真理です。」

 • 常にウニヒピリとの会話を絶やさないようにしていると今までの
  自分でこだわりをもって選んだり、つくりあげているものを
  ある日なんの執着もなく手放せます。そのかわり、インスピレーション
  で自然と何かを選んでいたり、毎日がとても新鮮なものになったり
  します。クリーニングを続けていると、
  「わぁ、びっくり!わたしの中にこんなものがあったなんてすごい!」
  というような発見があります。4つの言葉を言ったり、その他のツール
  を使うことで、誰から与えられるでもない自分の内側から導かれる
  気付きを得るほど素晴らしいことはありません。
  それに感謝できるようになると、人生はどんどん広がっていきます。
  そしてなめらかになります。
 
  ブルーソーラーウォーター